うつ病の治し方を知ろう~早期治療で回復スピーディー~

女医

病気を意識させない生活

悩み

周りと同じ様に接する意味

うつ病になってしまうと、自分はもう駄目だという風に自己評価が低くなることが多いです。そんな症状の治し方としては、自分に対して自信を持たせる事が重要となります。勿論簡単には行かないことですが、自分に自信を持たせることでネガティブ思考に陥ってしまうことを防ぐことが出来ます。また他の症状としては、何に対してもやる気は起きない事があります。様々な事柄に対して無関心になってしまい、生きるために必要な欲求までも失われてしまうのです。しかも厄介なことは、この無気力状態を症状であることを理解していないことです。症状として自覚が無いためそのまま仕事などに取り組んでしまいますが、無気力状態で仕事を行っても思うような成果が出せない場合が殆どです。そうやって仕事の成果が下がり続けてしまうと、前述した自信の喪失につながってしまい連鎖的にうつ病が悪化してしまうのです。こういった悪循環を治すためには、周りの気遣いどうしても必要となります。例えば、成果がハッキリと数値で現れない仕事を一時的に割り振ってみるのも効果的な治し方です。ただし成果が見えない仕事はモチベーションの改善にも繋がりにくいので、長期間は避けあくまで一時的に取り組むことが重要です。そして、詰めるような物言いをしない配慮も大切です。うつ病になる方は責任感の強い方が多いので、成果が伸びないことに対しての自覚は人一倍強いです。責任感を感じさせないためにも、ある程度余裕を見せておくとよいでしょう。

良かったという気持ち

うつ病は周りの配慮も重要となりますが、完治させるためにはやはり専門科の力が必要不可欠です。そのため、自分で自覚のある場合には医療機関で診察を受け、周囲の方にうつ病の傾向が見られる場合には、病院へ行くことを促してみてもよいでしょう。医師との治療では主に、対面治療と服薬治療がメインとなります。対面治療の場合は、カウンセリングとグループセラピーが主な方法となるでしょう。定期的に医師やカウンセラーと面談を行い、近況を報告します。心の動きがどう変わったのか、やる気や興味の回復が合ったのかを報告し、治療の度合いを測ったり適切なアドバイスを貰うことが出来るのです。また、グループセラピーでは複数のうつ病患者が集まることで、うつ病患者ならではの悩みを打ち明け合うことができます。経験したことの無い方には共感できないような悩みを共有しあうこともできるので、効果的な治し方と言えるでしょう。この様に、医療機関では様々な治し方を提供しています。患者によって適切な方法も違ってくるので、まずは色々試してみることが大切なのです。